包茎手術を大学生が受けるならドコがお得?【全国版】

包茎手術を受ける大学生が増えています!

男性の性器は個人差はあれど思春期あたりで成長がストップすると言われます。あなたが18歳以上であれば、今後もペニスの皮が自然と剥ける事は期待できないでしょう。

 

仮性包茎であれば問題なし!

ただし、皮を被っているから必ずしも包茎手術が必要というわけではありません。日本人の6割以上は仮性包茎だと言われています。手で皮を剥くことが出来る状態であれば、自分で亀頭を洗う事も可能です。不潔になって性病に感染しやすくなったり、性行為で皮が引っ張られて切れてしまったりといった事がなければ機能面では問題ありません

 

自分で皮を剥くことが出来ないほど、亀頭の出口が狭い包茎(真性包茎・カントン包茎)の場合は手術を検討する必要があります。これらの包茎の人は正常に性行為をするのも難しい場合が多く、何より亀頭を洗えないので不潔になってしまいます。最近は仮性包茎でも「臭くなりやすい」、「見た目が嫌だ」という理由で手術する男性も多いのが現状です

 

大学生は男性専門の美容外科がお勧め!

 

値段で選ぶ包茎手術は危険

包茎は男性のデリケートな悩みです。ですので、術後の仕上がり(見た目)やプライバシー保護の観点から大学生に限らず美容外科クリニックでの手術を受ける男性が多いです。また、大学生であれば学割や未成年優遇を行っている美容外科も多いです。

 

一般病院での手術も可能ですが、皮を切除する事がメインですので術後の見た目は期待できません。傷跡が目立ったり、傷口から色が二つに分かれてしまったりといった点で後悔している患者さんも多いようです。また、他の患者さんと顔を合わせる事も当たり前のようにありますし、学生だからと優遇されることもないでしょう。

 

ただし、保険が適用された場合は、治療費は美容外科よりも安くなります。保険ありで1〜3万程度、美容外科だと諸々の配慮がある分10万〜20万くらいの費用が相場となります。それでも術後の見た目やプライバシー保護を求める男性が多く、専門医師がいる美容外科で治療する人が多いのです。

 

大学生にお得な包茎病院

 

ABCクリニック美容外科公式サイトを確認する
ABC

 

ABCクリニック学割

 

学生のお財布にも優しい包茎専門病院としてABCクリニックが人気です。18歳以上の学生(大学生)向けのキャンペーンも行っており、遠方から日帰りで手術を受けにくる学生さんも多いようです。

 

ABCクリニックは数ある包茎専門の美容外科でも1位2位を争う人気の病院です。全国に診療所を構える大手の病院であり、実績の豊富さが信頼の証として年々患者数が増えています。他院での手術で不満を抱える患者さんがABCに修正治療を受けに、年間で1200名以上訪れるほど、確かな技術を持った病院です。

 

包茎手術を検討している大学生の方もABCクリニックで悩みを解決してみてはいかがでしょうか?無料でのカウンセリングが実施されていますので、まずは相談から始めてみると良いでしょう。

 

【診療所】
仙台・大宮・船橋・新宿・神田・横浜・名古屋・梅田・難波・広島・高松・福岡・沖縄(那覇)

 

↓↓包茎手術を大学生が受けるなら一押し↓↓

 

東京ノーストクリニック公式サイトを確認する
東京ノースト

 

東京ノーストも又、包茎を専門に扱う美容外科として非常に人気の高い病院です。学生向けのキャンペーンはありませんが、未成年者のお支払優待制度が準備されています。未成年者に限り金利なしの24分割払いが可能です。こちらも無料のカウンセリングを実施していますので、相談に足を運んでみると良いでしょう。

 

【診療所】
札幌・盛岡・仙台・郡山・新潟・金沢・長野・上野・秋葉原・新宿・渋谷・町田・八王子・横浜・千葉・大宮・水戸・宇都宮・高崎・甲府・名古屋・豊田・岐阜・静岡・大阪・堺・京都・姫路・広島・岡山・高松・福岡

 

上野クリニック公式サイトを確認する
上野クリニック

 

特別な学生向けサービスはありませんが、包茎手術を受ける病院として人気の高い上野クリニックもご紹介します。男性であれば知っているであろう有名なタートルネックのPRをしている包茎美容外科ですので認知度が高く、割引サービスも充実しています。勿論、無料のカウンセリングも実施されています。

 

【診療所】
札幌・仙台・新潟・大宮・上野・新宿・横浜・千葉・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡

 

 

包茎手術後に性欲が旺盛に?個人的には全く逆でした!

 

あくまで個人的な見解だと最初に断わっておきますが、私は包茎手術を受けてからは割と性欲が減退したというか落ち着いたように感じています。以前は性に対して強いコンプレックスがあり、無意味に意識し過ぎていたようにも感じます。マスターベーションの回数も多く、女性の前で堂々とできない事に対するコンプレックスの跳ね返りのような気持ちでマスターベーションに走っていたようにも感じられます。

 

しかし、包茎手術を終えて包茎の悩みが消えたことで、マスターベーションの回数は以前よりも半分近くに落ちたように感じられます。彼女がいるという事もありますが、別に彼女との性行為の回数が多いというわけでもなく、割と淡白な方だと思われていると思います。包茎手術を受けると性欲が旺盛になるといった口コミを見たことがありましたが、私個人としては逆でした。性欲が減退したという表現は少し違うかもしれませんが、現実としてマスベの回数が減った事は事実です。

 

無い物ねだりという言葉がありますが、まさに包茎に関してもそうなのかもしれません。まぁ包茎の場合は逆に皮がありすぎる事が悩みなわけですが…。包茎ではない露茎の状態に憧れを持っていて、露茎だったらきっと女性の前でも堂々と行為が出来るだろうと想像を膨らまし、その想像に満たない現状に不満を持ってマスベに走る…。しかし、露茎の状態が手に入るとそれだけで満たされてしまう部分が多く、その後は実際に想像していたような理想を得ようという気力が薄れてしまう…。言葉で表現しづらいですが、そんな感じです。

 

ただ別に性欲が落ちたことを悪いことだとは思っていません。むしろ大人の振る舞いが出来るようになった自分が好きなくらいです。がつがつしている男は女性に嫌われるでしょうし、傍から見ていても恥ずかしい気がします。がつがつしないで女性と向き合えるようになったことも、包茎手術で私が得たメリットかもしれません。